愛人募集

出会いサイトで愛人募集していた女の子を口説き落としてようやくホテルに連れ込んだ時だ。
まあ、愛人募集とは言うものの、マンション買ってあげたりフレンチのフルコースを食べさせたりと言うのはドラマや映画の中だけの世界で、言わば援助交際の世界である。本当に気に入った子がいれば愛人にしたいなあと思うが、今の僕の経済力ではこうしてツキイチくらいで安いラブホでエロいことするのが関の山だ。
そんなビジネス的関係とは言え、ムードは大切にしたい。いきなり押し倒すのなんて以ての外で、とりあえず備え付けの冷蔵庫にあった缶ビールを取り出し二人で乾杯して打ち解けた空気を演出していたら、彼女がお手洗いに席を立った。
独りでビールを飲みながら帰りを待っていたのだが、なかなかトイレから出てこない。せっかくムード作っていたのにうんこはなかなかに冷めるなあと思っていたら、やがて彼女が神妙な顔をしながら出てきた。
「ごめーん。始まっちゃった。なしでもいい?」
うんこじゃなくて、月のものか!そりゃ困った。相手が生理中でも気にせずセックスしちゃうやつはいるが、さすがに血まみれになってまで致す趣味は自分にはない。
それは仕方ないねと、その日はとりあえずベッドの中でハグをしておっぱいだけ揉ませてもらって終わった。
ブスでもパパ活に成功する秘訣があるのかと疑念が沸いてきた
後でトイレに行くと、拭い忘れたのか便器にちょっと血がついていたので生理になったのは本当っぽい。やることをやらなかったわけだからちょっとオマケしてもらおうかなーとも思ったが、ここでケチって次の機会に会ってくれなくなったら愛人にもならないな、と生理明けにまた会う約束をして約束通りの支払いをした。
・・・で、次はなかったと言うお約束のようなオチだ。連絡が取れなくなって今に至る。彼女にしてみればやらなくてもやっただけのお金は手に入ったわけだから、もっと稼ぎたいなら別だが、わざわざもう一度会ってやらせるのも面倒くさくなったのだろう。
そうなると、本当に生理が来たのかも疑わしい。便器に残っていた血は堅いうんこして切れ痔にでもなっただけじゃないか?と思った。とは言えうんこして切れ痔になったばかりの女の子とそのままセックスできていたのか?と考えると、やっぱ無理だったかもね。
お金の無償支援